The Higashiosaka Chamber of Commerce and Industry



≪ 労働保険事務組合 ≫

【事務委託のメリット】
@労災保険へ特別加入することが出来ます。
 労働保険に加入出来ない事業主及び家族従業員も、労働保険に特別加入することが出来ます。

A労働保険料を分割納付することが出来ます。
 労働保険料の額にかかわらず、3回に分割納付することが出来ます。(事務組合に委託しない場合は、一定額を超えないと分割納付出来ません)

B事務処理が軽減されます。
 事務組合が公共職業安定所・労働基準監督署への事務手続きや国への労働保険料の申告納付を行いますので事業主の手間が省けます。

◆委託できる事業主◆
@東大阪商工会議所の会員であること
A常用使用する労働者が「金融・保険・不動産・小売業は50人」「卸売の事業・ サービス業は、100人」「その他の事業は300人」以下の事業主

【事務委託手数料】 ※2014年4月1日より
雇用保険にかかる手数料 労災保険にかかる手数料
雇用保険対象従業員 手数料 当該年度概算保険料の5%
(100円未満切り捨て)
但し、上限を 32,400円
下限を  3,672円
1人〜4人 9,072円
5人〜9人 12,312円
10人〜14人 15,552円
15人〜29人 18,144円
30人〜49人 22,680円
50人〜199人 31,104円
200人以上 45,360円

詳しくは、大阪労働局HPをご覧ください。


Copyright(C) 2005 The Higashiosaka Chamber of Commerce and Industry. All Rights Reserved.